今がチャンス?人生の転機に訪れる9つの予兆とサインがある

人生の転機が訪れている時にはそれなりのサインがあることが多いです。

全くないと言う人もいますが、人生の転機の前というのは今までの自分とは違った行動があり違った結果が現れます。

人生というのは一気に変わるものでもありません。

徐々に変わっていくものですから、人生が変わる前には必ず何かしらの変化があるはずなのです。

その人生が変わる前の予兆やサインについてお話したいと思います。

目次

人生の変化の予兆とサイン

人生の変化の予兆とサインについてお話ししたいと思いますが、結構分かりにくく自覚がない場合も多々ありますので、注意をして自分自身のことを見ていきましょう。

変化というのは最初は小さなものです。

その小さな変化を察知して大きな変化に備えましょう。

ふと新しいことを始めたくなる

新しいことを無性に始めたくなる時というのは、自分自身が今までの人生に飽きていてそれを変えたいと思っているサインでもあります。

なんか分からないけれど新しいことを始めたいと思ったのならすぐに始めてみましょう。

それが間違いでも良いのです。

やってみることで気づくこともありますし、それも含めて人生が変わるチャンスかもしれないのです。

新しいことを始めたいのはあなたの潜在意識が人生を変えたいと思っている証拠なのです。

買い物をしたくなる

時期によって無性に買い物がしたくなる時というのはあるでしょう。

それは人生が変わりたいと思っているサインでもあるのです。

買い物をすること、新しいものを買うことで「今の自分とは違う自分」に変わろうとしているのです。

生活が苦しくなるほど買ってしまうのは良くありませんが、その買い物によって人生が変わってしまうこともあるので、もしそういう自分がやってきたのだとしたら「人生が変わるかもしれない」と思うものを買ってみましょう。

そこから人生が変わるきっかけになるかもしれないのです。

無性に部屋の掃除や片付けをしたくなる

なんとなく片付けをしたくなったり、今まで全然平気だったのに無性に部屋が汚くて気になり始めたりすることがあります。

それは部屋も頭の中もスッキリさせて、人生を変えていくための準備をしている状態かもしれません。

人生をシンプルにしたがっているのです。

何かを無くせばまた新しいものが自然と入ってきます。

無駄なものをなくして新しいものを取り入れたいと思っているのです。

それは人生を変える上での本質でもあります。

人間は1日24時間しかなく、1日にやれる事は限られています。

限りがあるわけですから何かを取り入れるには何かを捨てなければいけません。

断捨離をして新しいものを取り入れたくなるということ自体が人生を変える転機そのものだということです。

考え事が多くなる

考え事が多くなるのも人生の転機のサインです。

人間は今までと同じことをやることに関しては特に考えなくても出来ます。

毎日同じことをしているということですから、ある意味とても熟練しているということになるので無意識にやることが出来るのです。

初めて車を運転する時というのはいろいろ意識しないと運転することが出来ませんが、慣れてくれば何も考えずに出来るのと同じです。

何かを考えているということは今までやったことのないことをやろうとしているサインでもあるのです。

今自分が考え事をしているという事は、それが良い事であろうと悪い事であろうと人生の転機のサインである事は間違い無いでしょう。

心がなぜか落ち着かない。何もないのに心がざわざわする。

心がなぜか落ち着かないという人も人生の転機のサインです。

普段と同じことをしているのであれば心が落ち着かないという事はないでしょう。

それが落ち着かないとなると何かしらの変化を望んでいる可能性があります。

なんだか心がざわざわするというのはあまり良い感覚ではないと思いますが、良い感情か悪い感情かというのは人生が良くなるか悪くなるかの方向性にはあまり関係はありません。

それはどうしてかというと、

人間は人生が変わること(変化すること)自体がどんな理由であれストレスに感じてしまう生き物だからです。

たとえ良い方向へと人生が変わる時でも人間はストレスに感じてしまいます。

会社員が役職がついて収入が上がるとしてもそれはそれでストレスなのです。

脱サラしたって、結婚することになっても全て変化するということ自体がストレスなのです。

心がざわつくという事は何かしらの変化が訪れる予兆だということなのです。

今までやっていたことにやる気がなくなる

今までやっていたことに対してやる気がなくなって何したくないこともあるでしょう。

それも一つの人生の転機がやってきている現れでもあります。

それは一見悪い事のように感じますがそんな事はありません。

今までやっている事に慣れてきて飽きているという証拠でもあります。

潜在意識が変化を求めているサインでもあるのです。

今までやってきたことに興味がないのなら、別のものに興味を持つ可能性があるということです。

それを見つけることさえできれば、人生は大きく好転していくでしょう。

もし目の前のことにやる気がなくなってしまっているのなら、今が変化をするチャンスかもしれません。

積極的に今の自分が興味を持つようなことを探してみましょう。

とにかく寝ても寝ても眠い

とにかく休みたくなる、眠くなるという症状が現れたら人生の転機の可能性があります。

それはどうしてかというと、

未来に何か大きな変化が待っていて、その変化に対応するための体力を蓄えている可能性があるからです。

人間はパフォーマンスが低くなってしまうと、何かを成し遂げたり行動したりすることが難しくなります。

やはり休むことでパフォーマンスは上がります。

休みたくなるという事は何か変化する前触れかもしれません。

興味を持つものが変わる

自分の趣味や興味の持つものが変わったということはそれだけ自分自身が見える世界というものも変わってきます。

人間は自分の興味のあるものを優先的に見るようになっていますから見る世界が変わるのです。

その結果、自分の行動が変わったり出会いや運命の流れというものが自然と変換していきます。

興味を持つことが変われば変わるほど、その幅が大きければ大きいほど人生は大きく変わっていくと言って良いでしょう。

「食べ物の趣味が変わった」 「いつもと違う映画に興味を持った」

そんな風に、

小さな変化でも人生の転機の最初のきっかけかもしれません。

是非そのサインを見逃さずに変化を受けれてみてください!

全然会わなかった人に会いたくなる

会わなかった人や全然連絡を取っていなかった人に連絡が取りたくなる時があるでしょう。

そういう場合も人生の転機かもしれません。

「ちょっと気になるけれどやっぱりやめよう」

そんな風に思わずにまずは連絡してみましょう。

その連絡がきっかけで人生が大きく変化していくことだってあるのです。

人との出会いや関わりが一番人生を変えます。

もし関わりたいと思う人がいるのなら積極的に自分から関わりにいきましょう。

そういう小さなきっかけが人生の転機となるのです。

人生の転機が訪れた時に大切な事は、変化を怖がらずに受け入れること

「今人生の転機が訪れているかもしれない」

そう感じても何をしたら良いのか分からないかもしれません。

そんな時にやるべきことはとにかくその変化を怖がらずに受け入れることです。

思い切って悪い方向へ進んでも良いから変化をしてみることなのです。

大体の人は変化をする事自体があまり好きではありません。

人間は良い変化でも悪い変化でも変化する事自体がストレスだからです。

しかしストレスだったとしても、それを受け入れて乗り越えていかなければ人生の転機は訪れません。

どんなにチャンスが巡ってきたとしても、それを拒絶してしまっては本当の変化はやってこないのです。

人生の流れが変化をしようとしているのならその変化の流れに逆らわないことです。

その変化の波に自分から行動をして乗っていくことなのです。

変化を受け入れて自分から波に乗っていけば自然と乗せてってくれるでしょう。

変化を求め始めたのなら潜在意識が人生を変えたがっている証拠

変化を求め始めたということはそれは自分の心が何か別のところへといきたがっている証拠です。

そのチャンスを逃して今まで通りの行動をしていたら、諦めてまたいつもの生活へと戻っていってしまうのです。

変化の転機が訪れたとしてもそれは予兆であって本当に変化をするのは自分自身の行動によって変わっていくのです。

潜在意識的にも人生の流れ的にも変化を求めていなければ自分がどんなに変わろうと思っても変われないということが起きてしまいます。

せっかくチャンスが来たのならものにしていきましょう。

「チャンスは後ろ髪がない」と言われているように、過ぎてしまったらいくら悔やんでももう遅いということになりかねません。

「変化を受け入れて変化の波を拒絶しない」

それこそが人生の転機が訪れたときに最も必要なあなたの行動と心構えなのです。

悪い変化だったとしても人生の転機が訪れるサインかもしれない

人生の転機に訪れるサインというのは、全て良いものとは限りませんし悪いサインだからと言って悪い結果が訪れるかは分からないのです。

無性に疲れて休みたくなるというサインがあれば、それは一見悪いことに思えてしまいますがその結果悪い事が起こるのかと言われるとそんな事はありません。

良い悪いはあまり気にしなくても良いでしょう。

それよりも大切なのは、「今自分が変化しようとしている事」に目を向けましょう。

悪い変化だったとしてもすぐに悪いことが起こるようなことはありません。

一度進んでみて自分には合わないと思うのならやめれば良いのです。

それさえしっかりと考えていれば大丈夫でしょう。

まとめ:人生が変わる時には何かしらのストレスがあり、変化する前には何かしらの予兆がある

人生の転機の前には必ず何かサインがあり、何かしらの変化があります。

まずはその変化を受け入れる事です。

そしてその変化にはストレスを感じてしまうものです。

そのストレスすらしっかりと受け入れましょう。

そしてせっかく人生の転機が訪れる可能性があるのですから、自分が心躍るような未来に向かって進んでいきましょう。

変化を受け入れて、自分らしさを忘れずに、しっかりと行動をして変化の波に乗っていく

それこそが人生の転機が訪れたときに最も大切なことなのです。

ですが自分が本当に嫌だと思うことまでやる必要はありません。

自分の気持ちにもタイミングがありますからその自分の素直な気持ちに従って、自分の人生をより良いものへと変えていってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる