サイト運営者プロフィール

名前 吉岡 貴紀(ヨシオカ タカノリ)

ニックネーム ヨシタカ

  • スピリチュアル潜在意識セラピスト
  • イクリス株式会社 代表取締役 兼 CEO
強みスピリチュアルを現実的に使って『自己実現と目標達成』の分野に特化している
趣味ゴルフ(ベストスコア 85)
過去にハマったこと読書、ゲーム、アニメ、卓球、ウエイトトレーニング
実績・元競輪選手(9年間の選手生活を送る)
・スピリチュアルカウンセラー(750人以上の相談の実績)
・月間30万PVのブログ運営(当ブログ)
・累計3000冊以上の本を読む

私が常に意識し、気を付けていることを「理念」としてまとめました。

座右の銘

 常に自分と向き合うこと

 常に相手と向き合い理解する努力をすること

 常に考え、日々成長していく為に精進すること 

常に健康を意識すること

経歴

1989年5月に生まれ、不登校を経験しながらも高校まで進学をし、19歳で競輪学校へ入学を果たす。

その後競輪選手生活を送り通算101勝(優勝3回)の成績を残し28歳で9年間の選手生活に幕を閉じる。

その後は独立をして幼い頃からあったスピリチュアルな能力を活かしてスピリチュアルカウンセラー、ライターとして活動。

750人以上の相談実績、ライターとしては月間30万PVのメディアを運営する。

その後2021年2月(31歳)にイクリス株式会社を設立して教育事業を営む。

人生理念

今までの自分から違う自分に変わっていく事は、とてもワクワクすることですし、嫌な自分がいるのだとしたらただそんな自分を受け入れるのではなく、

自分自身を変えて、現状を自分が望む方向へと変えていくことで人は大きな成長に繋がります。

そしてその成長は今後の人生において大きな糧となってくれます。

私は人が成長していく姿というものがとても好きです。

気付きがあり今までの価値観が小さなものだったと気付いた時の大きな閃きによって今までの価値観が変わっていく姿を見るのがとても好きなのです。

人はその閃きによってエネルギーが湧いてきて、前に進んでいくことが出来ます。

そんな風に閃き、大きなエネルギーを得て、前に進んでいける人が少しでも増えてくれる事を願っています。

私はそんな人のサポートをすることが私にとってとても生き甲斐になっています。

共に成長し、『自分にとっての理想の生き方』を手に入れていきましょう。

過去の出来事

私は生まれつきオーラが見えたり、1000日以上毎日のように明晰夢を見たり、不思議な体験をすることが多い子供でした。

一般的に不思議な体験や能力というのは大人になるにつれてなくなっていくことがほとんどですが、私の場合は大人になってもなくなることはありませんでした。

私はずっともし能力がなくなれば普通に生きていこうと思っていましたし、能力が残るようならスピリチュアルな人間として生きていこうと思っていました。

その結果、私はスピリチュアルな能力がなくなりませんでしたのでスピリチュアルセラピストとして現在も活動をしています。

オーラが見えると気付いた幼少期の話

私の幼い頃はオーラやスピリチュアルな知識は全くなくて、みんながオーラが見えていることが当たり前だと思っていました。

そんなある日のことですが、私は仲の良かった友達に「なんでMくんはいつも赤いの?」という話をしました。

そのときにそのMくんは何も答えずにポカンとしていました。

なのでその時に遊んでいた他の友達にも同じ質問をしたのですが、みんなが同じようにポカンとした反応だったのでその時に、

「これは自分にしかわからない感覚なのかもしれない」と気付いてそれから他の人に話すことはなくなり、自分の感覚は自分だけのものなんだと気付いたのです。

それがオーラが見えたと自覚した時の出来事です。

怖い体験を繰り返した結果、私は能力なんてなくなれば良いと思った出来事

よく遊んでいる友達がある日、オーラが黒くなっていることに気付いた。

その時は「たまにはそういうこともあるか」と思ったのですが、次の日も黒くなっていて何かがおかしいと思った。

そして次の日も黒く、何よりもどんどん黒くなっていったのでこれはおかしいと思って何か悪いところがあるか尋ねたのだけど、「特に何も問題はない」と言われたので自分の気のせいだと思って特に気にしないようにした。

それからその子とは会わなくなったのだけど、一週間後くらいにその子は亡くなってしまった。

脳に菌が入ったらしいのですが詳しいことはわかりません。

それから自分の見えるものが幻覚ではないと思った時にとても怖くなった。

友達の心の声が聞こえるようになって自分の能力を無くそうと思った話

怖い体験や色々な出来事は乗り越えてきたけれど、高校生の時に私は友達の心の声が音として聞こえるようになった。

その時は自分の思い込みで幻聴だと思ったのだけど、あまりにもタイミングやリアルな声だったので友達に本当にそう思っているのかを聞いてみた。

ハッキリとそうだとは言わなかったけれど、反応を見る限りでは黙り込んでしまったので本当にそう思っていたのだと思う。

それから私は毎日イヤホンをしながら人と出来るだけ関わらないようにして毎日を過ごすようになり、半年ほど続いた時にとうとうスピリチュアルな力は完全になくなった。

再度スピリチュアルな能力を開花させようと思った日の話

完全に心を塞ぎ込んで、そこからしばらくはスピリチュアルな体験は全くなくなりました。

オーラも見えなくなり、人の心の声も聞こえなくなり私にとってはちょっと寂しい気持ちもありましたが、とても快適な毎日を送れるようになりました。

心の傷も癒えてスピリチュアルなことは完全に忘れた頃に、

ある競輪選手の同僚に霊の話や不思議な体験の話になって黙って聞いていたのですが、その時にその人が「吉岡もそういう体験をした人とか周りにいる?」という風に聞いてきたので、一瞬私は話そうか迷ったのですが「どうせ過去のことだから・・・」と思い、思い切って話すことにしました。

そうしたら普段はそこまでテンションが高い人ではないのですが、急にテンションが上がって話し始めました。

「だったらまた見えるようになって俺のことを見てよ!」と言われたのです。

過去のことがあるので最初は気は進まなかったのですが、もう大人になったので何が起きてもそこまで落ち込むことはないだろうという気持ちもあり、これも一つのタイミングだと思ったので見えるようになる訓練を始めました。

それから一週間もしたらまたオーラが見えるようになり、今まで通りの能力に戻ったのです。

もちろん幻聴のようなものはなく、オーラと相手の潜在意識が読み解けるくらいの能力まで戻ったのです。

それが元に戻った時の話です。

スピリチュアルカウンセラーとして口コミで広がっていった

その出来事がきっかけになって競輪選手の中で「オーラが見える人」ということで広まっていきました。

私はあまり広まって欲しいとかは思わずに知り合いだけが知っていれば良いと思っていた程度だったのですが、自然と広まっていきました。

人の相談を受けるということは自分にもたくさんの学びがありますし、少しでも人の役に立てるのならと思って、見て欲しいと言われたら出来る限り相談を受けるようになって結果的にたくさんの人の相談を受けるようになりました。

そして元々カウンセラーとしてそれを仕事にすることは考えてはいなかったのですが、流石に全てを無料で行なうことは現実的に難しい部分もありましたし、だからと言ってやめるのは昔の自分と同じになってしまうので仕事として相談を受けるようなって現在に至ります。

商売にすることで欲に目が眩んでスピリチュアルな能力がなくなってしまうという話をよく聞くので、

「私もそうなってしまうのだろうか」という不安はありましたが、まぁそうなってしまったのだとしたらそれも運命かと思い仕事として現在も行なっていますがそういうことは一切なく、むしろ前よりも読み解けるようになってきたので自分には天職なのだなと今では思っています。

これからも自分に出来ることがあれば頑張っていきたい

私はスピリチュアルカウンセラー(今ではスピリチュアル潜在意識セラピストと名乗っている)としてこれからも活動していこうと思っていますし、自分に出来ることがあれば頑張っていこうと思っています。

現在では、エネルギーを読み解くことや物のエネルギーを読み取ることが元々得意だったので、その能力を活かしてパワーストーンショップも運営しています。

セラピーを受けてくれた人に購入していただくことが多いのですが、たくさんの人に喜んでもらっているのでこれからも続けていこうと思います。

もしこんな私に興味を持ち、少しでも自分自身のことを知って人生を変えたいと思っている人はご連絡ください。

精一杯私に出来ることがあればしていきたいと思います。

確かに一回1万円以上のお金を支払うことは大きな出費になるかもしれません。

しかし、私はそれ以上の知識や経験をお客様にお伝えして何か学びになることを持ち帰っていただけるように心掛けています。

何か悩みがあるのだとしたら、一人で悩まずに相談をしてみてください。

私の力が少しでもお客様のお役に立てることを願っております。

長いプロフィールになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからもヨシタカとイクリスをよろしくお願いいたします。